孤独な社会人の一人遊び
孤独な社会人の日記帳です.

NT名古屋

見学してきました

NT名古屋のあののんびりした雰囲気は良いですね~
できれば出展側で参加したかったのですが、仕事と
社内イベントの方に全力すぎたのと、さらにそれ以外の
時間が今はドライブと車いじりに占拠されているため
まったくネタになるようなものを作る時間が取れず・・・

で、今回の展示の中で衝撃的だったのがこちら↓
IMG_0962.jpg

最初はただの4輪オムニかーと思いきや、
まずホイールが自作。デフギアも自作。
4輪だけどモーターは3つ?
モーターはそれぞれXY移動と回転用!?
機械的に各車輪の回転を調整して制御しています!?!?

内容は趣味とはいえ、会社でやってるとコストダウンばっかで
いかに効率的に作るかを考えがちで、自分もオムニはちょっと前に
社内イベントで使ったのですが、この発想は出てこなかったなー

単純に考えればモーター4つに直接車輪付けて配置すれば終了なのですが、
モーター1つ減らすためにめちゃくちゃギアが増えちゃったんですよ~
と語る出展者の話を聞いて「技術の無駄遣い」というニコニコ技術部の
原点を思い出しました。
いくら仕事が楽しいといってもこんな浪漫機構は仕事では作れないですよねー
あぁ自分もなんかこういうの作りたいなぁ・・・


そうだ京都、行こう

ということで今年もNT京都へ行ってきました。

DSC08793.jpg

今回は初めて見学のみでの参加。
ちょいと今本業の方が楽しすぎて、まったく新ネタを作れてないので
出展は見送り。仕事でもやってることは完全に趣味と同じようなこと
なのですが、ニコ技みたいな展示会出展とかが無いので寂しい(´・ω・`)

今回は動き物の部屋が面白かったです。
やっぱり動くものを制御するのって良いですよね。
もちろんLED光らせたり、液晶表示させたりの電子工作も面白いし、
VRとかも面白いけどやっぱり実際に物が動くのが一番楽しいと思う。
今回のNTでもOculus被って多足ロボット操作する展示をされてた方が
いましたが、せっかく自分もOculus持ってるし、一通り必要技術は
かじってきたつもりなので、自分もそれ系のやつ作りたいな~

NT名古屋2014

参加してきました。

DSC081472.jpg

Ocufesでは10分交代とかで来場者を入れ替えて回していたため、
一人ひとりとじっくり話をする時間も無く、完全にお客さんのための
体験会という感じだったのですが、技術部の勉強会は時間制限が
無いため、各見学者ととことん話が出来るのが良いですよね~

まだまだDK2は体験したことが無いという人も多く、どちらかと言うと
FPSよりミクさんの方がずっとか人気で、半分くらいはFPS以外の
Demoが表示されててただのOculusの展示になってましたが・・・

まぁ元々FPSなんて市民権の無い存在だと思ってますし、
いかに気分に浸ってFPSが楽しめるかだけを個人的な欲望で
とことん突き詰めただけの自己満足展示なので、分かる人にだけ
このこだわりが分かってもらえれば良いんですよ(´ー`)

今はちょっと本業の方が楽しすぎてほぼすべての精力をそちらへ
注ぎ込んでいるため全然こっちのネタの方に手が回らないのですが、
ちょっと気長に来年のNT京都あたりを目標にしてぼちぼちと新ネタの
作業を進めたいと思います(´ー`)

エイムセンサ変更

この前のOcufes in 名古屋の最中から調子の悪くなった
エイム用の近接センサ。

MP5で作ってた初代の時から非接触で人体を検知するとか
言っておきながら、実はただのフォトリフレクタを使っただけの
ものだったため、ほぼ肌が接触しないと検出できないいい加減
なものでした・・・

そのせいかなかなか体験者の人には上手く使ってもらえなくて、
散々顎やらOculusやらをぶつけられて壊れてしまったようです。

ということで、また同じものを作っても面白くないので、比較的最近
秋月で売り始めた新しいセンサを購入してみました。
DSC07980.jpg

シャープの測距モジュールGP2Y0E02Aです。

選定基準としてはWiiリモコンと接続して使用するのでと動作電圧が3.3Vで
あることと測定範囲が4~50cmであること、小型であることなどなど。

一通り動作確認をして取り付けのためのカバーを作成。
DSC07984.jpg

右上の黒いのは外乱を防ぐため双眼鏡みたいに
センサのレンズの前にかぶせるカバーです。

最初はカバーなしでも使えるかな―と思って、アルミのケースだけ
作ってたのですが、全然使い物にならないことがわかったので、
不格好ですが急遽カバーを重ねることにしました・・・・

で、G36Cに取り付けるとこんな感じ↓
DSC07987.jpg

これでちょうどチークパッドの上に頭を乗せると反応する形になるので、
もともとソフト上で設定可能にしてあった閾値を調整して完成~

これで顎でセンサを探さなくても適当にチークパット上に頬を乗せれば
エイムができるようになりました(´ー`)

ちょっとお高いですが、測定精度もなかなかで、小型で非常にお手軽に
使えるので、FPSコントローラ以外にもいろいろ使えそうです(´ー`)

NT名古屋2014

遅ればせながらエントリーしてきました。

というのも、現在担当している案件の1つが10/20に
客先引渡し予定だったため19日は無理かなぁと思ってたら
急遽納期が延びたのでエントリーしました~

まぁNT京都からほとんど変わっていないのですが、
一応DK2になったのと、先日のOcufesで壊れた
エイム検知用センサを新しい方式に改造するついでに
ちょっと手直ししたものを持っていけたらと思います。

あの楽器

ひさびさのあの楽器ネタ



ということでDCExpo2010用に作った実物大あの楽器で
演奏してみた動画を作ってみました。

そういえばNT名古屋とかこのブログではちらっと載せてたけど
ニコ動には投稿してなかったなぁということでなんとなく投稿して見た。

本当は伴奏もGaragebandで打ち込んで完全にiPadだけで演奏を
完結させようとしたけど、最初の数小節を打ち込んだ時点で挫折。
おとなしくピアプロからお借りしました。

最近ちょっと仕事の開発に根を詰め過ぎていたので
良い気分転換になりました~

NT京都2014

NT京都2014参加してきましたー

DSC07422.jpg

少なくとも50人以上の方には体験して頂けたのではないでしょうか。
9:30~17:00までずーっと見学者対応してたので、ほとんど他のブースが
見れなかったのがちょっと残念。21日が出勤日でなければ・・・


<まとめ>
・Oculus様様。感動の大部分はOculusに対するもの。
・結構Oculus初体験の人が多かった。
・VRではコントローラ等による手元の操作ではなく、
 自分の体の動きと画面上の動作が同期することが重要。
・リコイルショックのような物理フィードバックも非常に重要
・数分程度の体験でも3D酔いした人は3人ほど
・Oculusを装着すると手元が見えないため操作説明が困難。
・やはりケーブルが邪魔。
・Kinectは太陽光によりうまく動かず
・かなりの方が仮想空間内で銃をぶっ放すのに大興奮。
 意外とアメリカ人を馬鹿に出来ないw
・でも日本人にはミクさんのほうが人気。
・実銃と同じとか重すぎ。リコイル五月蝿すぎ。
・脅威のメガネ率。眼鏡っ子専用Oculusを発売すべき。


さて、通常のFPSゲームをマウスとキーボードのエミュレーションで
操作するシステムとしてはやりたいことは大体出来たので
このプロジェクトはこれで一旦開発終了かなー
いい加減他のネタに取り掛からなければ・・・


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

VR-FPS system

とりあえず投稿完了ー
なんとかNT京都までに間に合ったー



AviUtlの拡張編集すげーじゃん!
これだよ!こんな機能が欲しかったんだよ!

ということで、今更ながら今回は全編AviUtlにて作成。

FPSコントローラー解説編を投稿したときにおすすめされるまま
AviUtlを使い始めていればiMovieに悩まされることも無かったのに・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

material

探してみると意外と厚さ5mm以上の樹脂素材って
ホームセンターとかには売っていない。

Monotaroとかで青いMCナイロンなら小さいサイズから
買えるのですが、高いし青いのはちょっと嫌だなぁ
と思ってたらオリジナルマインドでちょうど良い
黒のポリアセタール板があったので購入ー

DSC07267.jpg

サーキュラーソーでサクッと切ってNCで削ります。
まぁ先週木材で試してるのでさらっとできあがり。

DSC07270.jpg

正確な穴あけとか曲面とかはNC様様ですね~(´ー`)

で、銃に取り付けると・・・・
DSC07274.jpg

う~ん。カッコいい(*´д`*)

あとセンサ類もちょっと追加して配線まとめて
とりあえずハードのほうはこれで完成。

さて、お次は久々に動画を作って投稿しないといないのですが
なんとちょうど1年前の2/9が前回の動画投稿日という・・・

そうか・・・もう前の会社を辞めて1年も経つのか・・・(驚愕)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

NC milling machine

年末に買ったKitMill BT200。ようやく使い方が確立してきた。
まー定番の作業手順が固まるまでが大変ですよねー

とりあえず今はDesignSpark Mechanical + MeshCAM V5を使用。
jw_cad + NCVCで頑張ろうかとも思いましたが、やっぱ3Dモデルから
簡単にGコードが生成できないとなぁと思い、FreeのCAMとかもいろいろ
調べのたのですが、なんかもうめんどくさいのでお金の力で解決しました(´ー`)

MeshCAM V5は生成されるコードにちょっと無駄な動きが
多い気もしますが、使い方がシンプルなので非常にお手軽です。


で、今日作ったもの。
NT京都用のFPSコントローラに申し訳程度の自作要素を追加するため
強度の弱かったWiiリモコン固定金具を作り直してみました。

side_panel.jpg

rail_guide.jpg

ちゃちゃっと3Dモデルを作ってSTLファイルで出力したらMeshCAMで読込

cam.jpg

アルミ削るのは初めてだったんで恐る恐るやってたら
1枚削るのに1時間ぐらいかかった・・・

で、出来たのがこちら↓
DSC07251.jpg

ふつくしい・・・
やっぱアルミ削り出しは最高ですね(*´д`*)ハァハァ

レールマウントと組み合わさる部分はちょうど良い素材が
無かったのでとりあえず木で削ってみた。

DSC07254.jpg

Wiiリモコンの外形は目測で適当に測ったので
ちょいとカーブへのフィット感が足りない・・・

DSC07257.jpg

でもこれで固定はばっちり!
コントローラ部分を持って銃全体を支えられるようになりました(´ー`)

さて、本番用の素材は何にしようかな・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

yytune

Author:yytune
孤独な毒男です
いろいろ多趣味だけどどれも中途半端なのが悩み

Cover_Creator最新版

製作物一覧

[fg]マイホーム

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

メール

メールはこちらからどうぞ。

ブロとも申請フォーム