孤独な社会人の一人遊び
孤独な社会人の日記帳です.

microUSB

会社帰りに100均に寄ったらUSB micro-B⇔mini-Bの
変換コネクタが売ってたので買ってきました。

IMG_7047.jpg

で、開封すると同時に分解。

特に樹脂で固められているわけでもなく
外装の爪を外せばすぐに中身が出てきたのです

が、

IMG_7050.jpg

これショートしてね?

まぁ良く見てみたら紙一重でショートしては
なかったんですが怖いですよねー

100均商品を使うときは良くチェックしてから使いませう('A`)

でもmini-Bとmicro-Bコネクタが100円で
簡単にどこでも手に入るというのは良いですねー

秋月とかでもmicro-Bはコネクタ単品では
なかなか売ってなかったですもんね~

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

保護フィルム

Xperia arc用の保護フィルム。

本体買ったときに合わせて買ったのを今まで使ってたのですが、
あまりにも画面がちらつきすぎるので買い換えました。

これまで使ってたのはELECOMのPD-SOX2FLF
iPadのときにELECOMのは最悪だったのであまり使いたくなかったのですが、
これしか売ってなかったから仕方なく買ったんですよ。

結果はまたまた最悪 ('A`)
特に画面の背景が白の場合にじみがひどすぎて見れたもんじゃない。
今後は絶対にELECOMの保護フィルムだけは買わないようにしよう・・・


で、今回買ったのはray-outの反射防止保護フィルム
IMG_7032.jpg

アンチグレアムタイプの割りに結構つるつるで画面の映りこみは多少気になるかも。
でもちらつき低減を売りにしているだけあって画面のにじみはかなり少ない。
値段も安めなのでおススメです(´ー`)






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

android

せっかくAndroid携帯を買ったのでアプリ開発で遊んでみるテスト。

IMG_7018.jpg

とりあえず1冊本を買ってきて開始。

Android SDKのインストールでなぜかJDKが見つからないって言われて
次へ進めなくなって詰まりかけたけど、最新版(r10)は一旦前画面に
戻ってから再度Nextを押せばJDKが見つかるというなぞのバグがあるらしい・・・

あとはサクサク進んで、とりあえずDemoソフトを実機で
動かすところまでは1時間もかからずに出来た感じ。
もしかすると会社の方でも関係する可能性があるかもなので
しばらく遊んでみよう(´ー`)


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

USB-LEDコンサートライト

USB-LEDコンサートライト ~bootloader作成編~

結局bootloaderを書き込むのにはライタが必要なのですが
USB経由でプログラムが転送できると非常に便利なので
まずbootloaderを導入します。


C:\Microchip Solutions v2010-10-19\USB Device - Bootloaders\HID - Bootloader

めんどくさい&よく分からないって人は上記フォルダ内にある
USB Device - HID - HID Bootloader - C18 - PIC18F14K50.hex
というファイルをPIC書き込めばそのまま使えるのですが、
そのままでは今回のLEDコンサートライトをbootloaderで起動したときに
LEDが点きっぱなしになってしまうのでちょっと改造します。

C:\Microchip Solutions v2010-10-19\USB Device - Bootloaders\HID - Bootloader

上記フォルダ内にある「HID Bootloader - Firmware for PIC18 Non-J Devices
という名前のフォルダを同じ場所にコピーして適当な名前をつけます。
WS000000.jpg

別の場所にコピーした場合、いろいろと面倒なことになるので
よくわからない人はこの場所からフォルダを動かさないようにしましょう。

コピーしたら、「HID Bootloader PIC18 Non J.mcp」を開きます。
初期状態ではPIC18F4550用の設定になっているので14K50用に変更します。

まず「Configure→Select Device」でPIC18F14K50を選択します。
WS000002.jpg


次に、Linker Scriptにある「BootModified.18f4550_g.lkr」をRemoveし、
右クリック→AddFilesでコピーしたフォルダ内にある「BootModified.18f14k50_g.lkr」を追加します。
WS000004.jpg WS000005.jpg



以上で設定は終了。次はプログラムを修正します。

main.cを開いて真ん中くらいに記述されているInitializeSystem();の
次の行に以下の2行を追加します。

↓↓-----------------------------↓↓

TRISC = 0xF8; // PORTC0,1,2 output
LATC = 0xFF; // PORTC all High

↑↑-----------------------------↑↑
WS000010.jpg

これでLEDを接続しているPORTが起動時に
HighになりLEDが消灯します

こんな感じでプログラムを追記したり変更すればオリジナルの
ハードに合わせたbootloaderが簡単に作れます~

最後に、「Project→Build All」でビルドします。
WS000007.jpg

そうするとプロジェクトファイルと同じ場所にhexファイルが
出来るのでPICに書込みます。

Windows7ではMPLABでPickit2を認識してくれなかったので
PICkit2 Programmer(PICkit 2 v2.61)から書込みました。

PICを接続して起動し、「File→Import Hex」でファイルを選択した後
「Write」ボタンで書込みます。

WS000012.jpg WS000014.jpg WS000015.jpg


以上でbootloaderの導入は完了ー

HIDBootLoader.exeを起動してSW1を押しながら
USBボートに差し込めばデバイスが認識されます。
WS000016.jpg

「Open Hex File」からhexファイルを選択し、
「Program/Verify」ボタンで書込みます。
以下のように表示されればOK。
WS000017.jpg

「Reset Device」ボタンを押せば書き込んだプログラムが実行されます。


PICkitをつなぐピンを用意する必要もなく、わざわざPICを
外してプログラムを書き込まなくてもお手軽にプログラムの
書き換えが出来るようになるので非常に便利です(´ー`)

まぁ、bootloaderを使わなくてもLEDライトは作れますし、ちょいと
プログラムメモリは食われますがいろいろと捗るのでぜひ導入してみましょー

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

Xperia

arc買っちゃいました。

IMG_7017.jpg

とある方からコードネーム「Azusa」なる端末があると聞いて
いろいろ調べてたら急にAndroid端末が欲しくなって・・・

ネタ的にはAzusaの方が面白いんですが
ガラケー機能はあんまし要らないんですよねー

で、思い立った時が買い時と言う事で
会社帰りに寄ったエイデンで見つけて即購入ー

この土日はずっとこいつを使い倒してたのですが、
これまでWindow mobile(笑)端末を使ってたので
あまりのサクサクした動作っぷりに感動してますw

最近の携帯ってこんなに進化してんたんですねぇ・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

yytune

Author:yytune
孤独な毒男です
いろいろ多趣味だけどどれも中途半端なのが悩み

Cover_Creator最新版

製作物一覧

[fg]マイホーム

カテゴリ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

メール

メールはこちらからどうぞ。

ブロとも申請フォーム