孤独な社会人の一人遊び
孤独な社会人の日記帳です.

WQHD

ここのところメインのデスクトップで使ってるW241DGの調子が悪く、
ついに電源が入らなくなってきたので新しいディスプレイを買いました。

縦が1080では足りない人なのでWUXGA以上で探していたところ、
なんか最近はWQHD(2560x1440)がちょっと流行ってるみたいなので
とりあえずその中で一番安いやつを買ってみました。

DSCN0540.jpg

ユニットコムのUNI-LCD27/WQHDです。
箱でけぇ・・・

W241DGと置き換えてみて比較

DSCN0543.jpg
   UNI-LCD27/WQHD ← → W241DG

24から27インチになったのに外観の大きさはちょっと幅が
広くなっただけでほとんど変化なし。むしろUNI-LCD27/WQHD
の方が高さと厚みが少ないくらい。
画面の上のスピーカー台がW241DGに合わせて作ったので
27インチが入るとは思ってなかったのですがすんなり入りました(´ー`)


しかし画面がでかくて解像度が高いというのは(・∀・)イイ!!
画面の右半分でブラウザを開きながら、左半分で十分に作業が
出来るスペースがある!これ一台あればサブディスプレイいらないかも・・・
あと縦が1440あるとだいぶ余裕がありますね~

なんか応答速度が遅いとか設定が少ないとか
高さ調節・ピボット機能、USBハブが無いとか
色精度と保証が悪いとか色々書かれていますが、
確かに黒画面時のバックライトの発光ムラは気になるけど
それ以外は2台並べて比較でもしないと気付かないような
幸せな目をしてる自分の使用環境では全く問題ないです。
ちゃんとした色が必要な時はMBPRを使えばいいし。

ということでUNI-LCD27/WQHDは万人に勧められるものではないですが、
各社色々と出てきたWQHDのディスプレイはホントおススメです(´ー`)


Xperia Z

名古屋のSony Storeで触ってきました。

11月に買ったばかりのAXが不具合だらけで
残念な感じなのですが、さすがにまだ買い替え
はできないのでとりあえず見てきただけ。

結論としてはFullHDは必要無し。5インチでかすぎ。
裏面てかてかで指紋べたべた。フルフラットダサい。
といってAXを買っちゃった自分を納得させる('A`)

まぁでか過ぎて画面操作がしにくいというのは事実なので、
とりあえず4インチHDで良いのでarc形状で電池の持ちの良い
不具合の無いやつを作ってください。

あと、Xperia Tablet Zも置いてあったので触って
きましたが、あの薄さ・軽さは良いですね~

ただ、泥タブって時点でいらないです。
Nexus7でがっかりだったのは、使ってない時の
電池の消費が激しすぎるところ。
Xperia AXもそうなのですがAndroidはスリープ
時の電池消費がひどいので使わなくてもすぐ電池が
なくなってしまい、使おうと思った時に使えない
ことがしばしば。

その点iPadはほんとに電源管理が優秀。
タブレットはまだまだiPad一択ですね~

表紙作成ソフト

今日もせっせと20冊ほど電子化。

自作の表紙作成ソフトCover_Creatorでだいぶ
作業は楽になったのですが、作業をすればする
ほど不満点は出てくるわけで。

とりあえずここのところ不満に思ってるのは以下3点。

1.特装版などでバーコードが表紙カバーに無いやつの
  書籍情報を手動で入力する作業
2.そもそも自炊を始めたきっかけの表紙カバー下をスキャン
  した場合の裏面の白地画像の削除とりネーム作業
3.本体読み込み時と表紙カバー読み込み時でサイドガイドの
  幅を変更しなおす作業


ということで、まず書籍情報手動入力は非常に面倒なので
キーワード検索した結果から書籍情報を選択して自動入力
する機能を追加。

次に不要な白地画像の削除とりネームは、ScanSnapで片面
読み取りの設定に切り替えれば良いのではないかという
意見もありますが、ScanSnapマネージャのアイコンをクリック
した後のワンテンポ遅れて出てくるメニューにイラッとくるのと、
何度かカラー設定のまま白黒ページを読み込んでしまったことが
あったため、なるべくScan設定の切り替え回数は少なくしたい。
なのでファイル一覧をチェックリストボックスにして不要な
画像はチェックを外して圧縮時に削除されるように変更しました。
もちろんファイル名連番が狂わないようにりネーム機能も実装。

Cover_Creator_1_6_0.jpg

サイドガイドの幅変更は本体を横向きで取り込めば解決するんだけど
そうすると取り込み後に画像を回転させないといけないんだよなぁ・・・
自動回転は信用できないし・・・

ということでJPEGのロスレス回転について調べていたらこんな時間に・・・
今日はここまでー (´・ω・`)

これで省力化される自炊作業よりこのソフトを作る作業の方がよっぽど
大変なんじゃないかという気もしますが、ここところ仕事内容が全く
生産的な内容じゃないので、純粋にソフトを作ることが楽しいというのと
色々勉強になるので、自炊作業の省力化よりもソフトを作ること自体の
方が目的になってる気がする・・・

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

カースピーカー

めずらしく車ネタ

普段ほとんど車はいじらないのですが、結構乗ってる時間が
長いのでスピーカーだけは標準のものから交換してます。

で、そのスピーカーが壊れて片方だけ音が出なくなって
しまったのでまた交換しましたー

DSC_0041.jpg

どうせ軽で10cmスピーカなのであまり音にはこだわらず、
適当にSRT1000Sを買って取り付けてみたのですが、
ツィーターがダッシュボード上に飛び出たため高音は
良くなったけど低音がちょっと不満。

ということでサブウーファーも増設。
DSC_0042.jpg

パッと使えそうなバッ直がいなかったのでエンジンルームから
引き回してたら半日かかってしまった・・・('A`)

音はかなり良くなったので満足(´ー`)
ちょいと取り付けが面倒ですが低音がほしい人は
サブウーファーを付けてみると結構幸せになれるかも。


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

リリース

メモリリークこえー

ということでようやくバグ取り完了ー

Cover_Creator(仮)ひとまず完成です(´ー`)

cover_creator.jpg

もしこんなソフトを使ってみたいという奇特な方がいたら
以下のリンクからどうぞ。DL Passは「yytune」です。

Cover_Creator_0.1.5

使い方はまたぼちぼちここに書いていければと思いますが・・・

ご質問や不具合、もっと良い管理方法などがあれば
コメント欄でご連絡いただければ管理人が喜びます。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

できたよー

表紙作成ソフト「Cover Creator(仮)」できたよー\(^o^)/

covercreator.jpg

無駄に長かった正月休みを費やしてとりあえず
欲しかった機能は全て実現できました(´ー`)

手順としては以下の通り。

ScanSnapで連番jpeg取り込み(File_0001.jpg~)
 ↓
最後に表紙カバーを長尺スキャンで取り込み
 ↓
ソフト起動
 ↓
連番最後の画像を表紙として自動的に開く(上記画像の状態)
 ↓
画面上で表紙にしたい部分をマウスドラッグで選択
 ↓
自動的に選択部分がFile_0000.jpgという名前で保存される
 ↓
続けてバーコードをマウスドラッグで選択
 ↓
バーコードからISBN番号を自動で読み取り、Amazon APIでタイトルと著者名を自動取得
 ↓
「圧縮&移動」ボタン押下で指定フォルダへZIPで固めて移動完了!!


なんか文章で書くと手順が長そうですが、スキャン後は2回
マウスドラッグして1回ボタンを押すだけで全ての処理が完了。

この方法でとりあえずエヴァ2巻から13巻まで裁断から取り込み
まで一気に行って時間を計測してみたところ12冊で約50分でした。

まぁスキャン中に裁断を並行して行う手順とかまだまだ慣れて
いなかったので、もう少し回数をこなせばもっと早くできるかも。
表紙作成も含めて1冊5分程度で出来るなら手持ちの本は結構すぐ
電子化できそうだなー
そのうちちょっと時間が出来そうなので一気に電子化しちゃい
たいところ(´ー`)

まぁこんな自分専用ソフト誰も使わないと思うけど
せっかくなので出来ればそのうち公開したいと思います。

今の会社ではどちらかといえばバグを見つける側の仕事してるから
細かいところが色々気になってバグ取りが終わらないー

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ISBN

ISBNコードから著者・タイトルなどを引っ張ってくるところでつまずく。

なにやらAmazonのProduct Advertising APIで出来そうと思ってたら
最近は色々と手順が複雑になってるようで手こずってます・・・('A`)

諦めようかと思ったけどISBNTitlerがなんか「指定されたISBNは見つかり
ませんでした。もしくはAmazonのフォーマットに変更があります。」とか
言われてうまく動かないしなぁ・・・
まぁ表紙は簡単にトリミングできるようになったからいいか。

で、せっかく作ったのでソフトは公開しようと思ったら、
使ってるライブラリのライセンスやらでいろいろ面倒な話が・・・

というか表紙に関しては、長尺スキャンの後手動でトリミングとか
カバーも本体サイズに裁断して取り込むとかこれといってベストな
手法が見つからない。本棚の見栄えに関係してくるので自分としては
表紙はちゃんと作りたいのですがあまり需要はないのかな?

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ScanSnap iX500

あけましておめでとうございます。

年末は色々と忙しくてほとんど触れなかったのですが、
ScanSnap iX500買いましたー

DSCN0505.jpg

まぁ、今一番定番なセットって感じですね。
裁断機は一気に切れる高いやつにするかどうか迷ったのですが、
替え刃とかが安いのでDC-210N A4にしました。

で、正月暇だったので20冊ほどコミックを電子化してみたのですが、
このセットなかなか快適です(´ー`)

iX500は今のところ重送は1度もないしスキャン速度も非常に高速。
裁断機は1冊を4分割ほどしないといけないのでちょっと面倒ですが、
1冊20秒もあれば分解できるのでそれほど負担ではないです。

スキャンの設定としてはkoboだけでなくRetina iPadでも
十分に見られるように以下の通りとしました。
・スーパーファイン
・読み取りモードオプションなし
・カラーページは「カラー」設定
・それ以外は「グレー」設定
・jpeg連番ファイル名で指定フォルダに保存
・表紙は表と裏で分割して本体と同じサイズに
・表紙カバーはそのまま長尺モードで一気にスキャン

カラー自動判別は判定ミスが多いので手動で切り替えることにしました。
また、600dpiはオーバースペック&ファイルサイズがでかすぎる、200dpiでは
細かい書き込みがよく見えないということで300dpiでの取り込みにしました。
1冊多くて250ページで100MB程度になりますが元データとしてNASに入れといて
読みたい時だけネットワーク越しに参照orDLすれば問題ないでしょう。
後々やっぱり解像度が足りないからスキャンし直しとかなると大変だし・・・

ファイル形式としてはPDFではなくjpegファイルをZIPで圧縮して
ファイル名に「[著者名]タイトル.zip」とすることにしました。
この状態であればiPadならComicGlassで、AndroidならCommitoNで
そのまま読めるし、koboの場合はどのみちサイズ変更と補正をかけ
ないといけないのでzipのままChainLPで変換をかける、と。

そんなこんなで、ようやく取り込み手順と管理方法が確立されたのですが、
長尺モードで取り込んだカバー画像から表紙用の部分だけを切り抜いて画像を
作る作業と著者名とタイトルを手入力するのがかなりめんどい・・(´・ω・`)
数冊なら我慢して手作業でもいいのですが、今後この作業を続けると考えると
なんとか負担を軽くしたいところ。

ということで、現在上記手順を簡略化するツールを作成中・・・
久々にプログラムを書くと進まない進まない・・・('A`)





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

プロフィール

yytune

Author:yytune
孤独な毒男です
いろいろ多趣味だけどどれも中途半端なのが悩み

Cover_Creator最新版

製作物一覧

[fg]マイホーム

カテゴリ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

メール

メールはこちらからどうぞ。

ブロとも申請フォーム