孤独な社会人の一人遊び
孤独な社会人の日記帳です.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keyboard

キーボードがあまりに汚かったので掃除~

DSC_0066.jpg

さすがに全部はずして掃除するとかなりすっきり(´ー`)

使ってるのはowltechの黒軸です。
キーボードとマウスにはこだわりがあって、キーボードの黒軸と
マウスのsmart-shiftは外せません。
本当は東プレのRealforceが欲しかったんだけど、
これを買った大学時代はお金がなくて断念。

確か当時は25kオーバーだった気がするのですが、今見ると15kからあるのか・・・
今のが壊れたら次こそはと思っても、まず壊れない気がするw
まぁこれは使い潰すまでしっかり使いましょー
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

カメラ

ちょっと前の事なのですが、カメラを買い換えました。

DSC_0063.jpg

SonyのDSC-HX30Vですー

せっかく買うならそろそろデジイチにでもしようかと
思ったのですが、特に写真を撮るのは趣味でもないので
コンデジにしてはちょっとでかくて重いけど、光学20倍の
ズームから1cmの接写まで可能で、色々と機能が充実してて、
発売から時間もたって値段もかなり下がってきてたこの機種
にしましたー

で、この前ちょっと沖縄に行ってきたのですが、
そこでこのカメラがかなり活躍してくれました。

IMG_0387.jpg
C-17たん…(*´д`*)ハァハァ
あ、別に米軍基地見学しに行った訳ではないですよw
たまたま嘉手納基地の近くを通ったので・・・

AFも速く、手ぶれ補正も結構効いてるので
歩きながら適当に撮ってもそれなりに
撮れてたのでびっくり。

ズームは光学20倍までならそれなりですが、
さすがに超解像度ズームはひどいw

でも事前に調べてた時に散々油絵だと見かけていた
ので思ってたよりは綺麗で満足です。

まぁ静止画の画質を気にしなければ・・・ってそれは
デジカメとしてどうなのかという気もしますが、それ
以外の機能が結構充実してて面白い。

まずWi-Fi機能。最近のデジカメではもう標準ですが、
iPad持ちとしては旅先ですぐにiPadに画像を転送して
見られるのはかなり便利。

ただ、転送用のsony製アプリの使い勝手の悪さはひどい。
サムネ表示が糞遅いくせにサムネが全部表示されるまで
転送するファイルの選択とかの操作が一切できないとか・・・
いくらApple向けでももうちょっと頑張ってよSonyさん・・・

次に、GPS機能。HX30VはGPS内蔵で、15秒毎に位置を
記録する機能があり、これが意外と面白いw
しかも電源OFFでも記録し続けてくれるので、旅行中
ずっと記録ONにして移動してみました。

ログはSDカード内に.logファイルで保存されており、
Google Earthで直接読み込んで軌跡を表示できます。

↓とある日のドライブ行程↓
google_earth.jpg

車の中では首からカメラをぶら下げた状態だったので、
結構きれいに道筋が取れてます。また、外を歩いていた
ところはかなり正確に位置が取れてます。

最初は電池の減りとか心配してたのですが、朝から
1日中GPS記録+300枚ほど撮影でも電池切れしなかった
ので、まぁ普通に使う分には問題ないでしょう。

しかもmicro-USBで充電できるのでスマホ用に持ち歩いている
StickBooster等でも充電でき、もし電池切れしても大丈夫(´ー`)

あと、これは結構他のレビューでも言われてますが
動画撮影機能がかなり(・∀・)イイ!
FullHD 1080/60pで撮影でき、静止画と同様に手ぶれ補正も
良く効くので今後の動画作成にも活用できそうです(´ー`)
ただ、ハイスピード撮影ができないのが唯一残念な点かなー


ということで、写真が趣味の人でなければタブレットとセットで
旅行なんかに持ってくにはぴったりなカメラではないでしょうか。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

SSD

ようやくメインマシンをこの前秋葉で買ったSSDに換装しましたー
Win7をクリーンインストールしてたので結構時間がかかった・・・

DSC00066.jpg

なーんか見た目は心許ない気がするのですが、性能はバッチリ(´ー`)

↓交換前(WDの1TB HDD)
HDD.jpg

↓SSD交換後
SSD.jpg

Intelの335かPLEXTORのM5Sで迷ったのですが、
CrystalDiskMarkの結果もそこそこっぽいし、
3.5インチマウントとかも付属してたので満足満足(´ー`)



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

Cover_Creator解説

今回は書籍自炊効率化ソフト「Cover_Creator(仮)」
の設定方法と機能説明をしてみたいと思います。

ダウンロードはこちらから ⇒ Download (v0.1.7.4)

動画にしようと思ったのですが、かなり長く
なりそうだったのでここで書くことにしました。

Cover_Creator(仮)は、もともと表紙画像を作るのが面倒くさかったので
自分用に作ったツールだったのですが、少しでも皆様の電子化作業の
助けになればと思って公開したものです。

まぁ自分用ツールなので、色々と追加で必要なファイルや
特殊な設定があるので参考程度にご覧ください。


~機能説明~
1.ファイル取込&出力設定

まず、このソフトでは画像ファイルしか扱えないため、
ScanSnapの取込ファイル形式はPDFではなくJPEGとします。
1.jpg

名称は分かりやすく連番ファイル名がおススメです。

「"File_" + 連番4桁」として1ページ目から読み込むと
ファイル名とページ番号が一致して管理がしやすいです。
2.jpg

そしてイメージの保存先で指定したフォルダと同じ場所をCover_Creatorの
設定画面の「ScanSnap JPEG画像取込フォルダ」で指定します。
3.jpg

このフォルダ内のすべての画像ファイルをまとめて処理するため、
1冊スキャンが終わる度にCover_Creatorで処理を行います。

ただしフォルダは無視されるので、適当なフォルダを
作成してファイルを退避させておくことは可能です。
4.jpg

また、「圧縮ファイル移動先」はNASなんかも指定できるので
圧縮と同時にNASへのアップロードまで完了できます(´ー`)

また、スキャン設定はそれぞれカラー用とグレー用を用意し、
継続読取のチェックは外しておいて、設定を切り替えながら
取込を行うと良いと思います。

2.必要ファイル&サービス

次にいくつかの機能を動かす上で必要な設定を行います。

Zbar
まずバーコード読取にはZbarが必要です。
以下のリンクの「ZBar 0.10 Windows installer」から
インストーラをダウンロードしてセットアップして下さい。

http://zbar.sourceforge.net/download.html

インストール後、設定画面から「zbarimg.exe」を選択します。

JpegTran
画像の回転処理にはJpegTranを利用します。
以下のサイトなどからDLした「jpeg6b_w32_jp.zip」を解凍した中の
ファイルのうち「jpegtran.exe」をCover_Creator.exeと同じ
場所に置いてください。

http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/software2/index.html

Amazon PA-API
書籍情報の取得にはAWS情報の入力が必要です。
登録後、アクセスキーIDとシークレットキーと
トラッキングIDを設定画面から入力してください。

自分は既にAWSに登録していたのと、トラッキングIDも
持っていたのでPA-APIを利用する方法を取りましたが、
どちらかというと持ってない人が多いと思うので、だれか
フリーでISBNから書籍情報が取得できるサービス知りません?
良いところがあれば対応したいなぁ。

もちろんAWS、Zbar、JpegTranが無くてもソフトは動作しますので、
表紙画像作成とファイル圧縮専用としてでも使ってやって下さい。

3.各種機能
3.1 表紙画像作成機能
5

まず、ソフト起動直後またはフォルダ再読込押下直後は
マウス選択処理で「表紙選択」が選択された状態になっています。

この状態で表示されている画像上でマウスドラッグで範囲を指定すると
マウスボタンを離した時点で選択範囲の画像が表紙ファイル名で保存されます。

表紙画像が先頭に来るように表紙ファイル名は
「File_0000.jpg」等にすると良いと思います。

表紙選択後は自動的にマウス選択処理のラジオボタンが「バーコード選択」に
切り替わるので続けてバーコード部分を選択することができます。

もう一度表紙を選択しなおしたい場合は、マウス選択処理のラジオボタンを
手動で「表紙選択」に戻して何度でもやり直すことが可能です。
表紙画像は常に上書き保存で作成され、最後に選択したものだけが残ります。

なお、表示画像の保存解像度(dpi)は設定画面から指定できるので、
ScanSnapの取込設定に合わせて指定を行ってください。

3.2 書籍情報取得機能
6

マウス選択処理で「バーコード選択」を選んだ状態で
表示されている画像上でマウスドラッグでバーコードを選択すると
バーコードからISBNコードを自動で読み取り、AWS情報が入力されている
場合はISBNコードから書籍情報を検索して自動入力が行われます。

通常、バーコードは2つありますが、上側の方だけを選択してください。
上側がISBNコード、下側は分類コードや価格情報で、Zbarでは2つ含める
ようにマウスで選択すると下側の方が読み取られるため誤った情報が
取得される場合があります。

書籍情報の取得に問題があった場合はメッセージが表示されます。
また、PA-APIは1時間に最低で2000リクエストという制限があるため、
あまり連続してはバーコード読み取りができないように
制限がかけてあります。

7.jpg

どうしてもバーコードが読み取れない場合や、特装版などで表紙カバーに
バーコードが記載されていない場合などは「キーワードから書籍情報検索」
ボタンから書籍情報の検索が行えます。

ボタンを押下して表示されるウィンドウでキーワードを入力したのち、
表示された一覧から書籍情報を選択します。

行を選択した状態でEnterキーまたは選択ボタン、マウスのダブルクリックで
ウィンドウが閉じ、書籍情報がメイン画面の方に入力されます。
なお、この際入力されるISBNコードはASINから変換した値が入力されます。
そのため、ASINがBから始まる電子書籍などを選択した場合には変換が行えない
ためメイン画面のISBNコードの欄は空欄となります。

3.3 画像回転&選択機能
8

圧縮ファイルを作成する際に対象とするファイルを、一覧の
チェックボックスで選択&除外することができます。
チェックを外した画像は圧縮ファイルに含まれなくなります。

また、除外した画像がある場合ファイル名の連番抜けが発生してしまいますが、
「ファイル名を元の連番で付け直す」にチェックを入れておくと、
元のファイル名で名前を付け直す処理を行います。

また、JpegTranを使用した場合、各画像毎に回転方向を指定して
圧縮ファイルを作成することができます。

回転を行う画像はファイル一覧のファイル名の先頭に"L:"または"R:"が付きます。
回転方向はそれぞれ「画像回転方向」のラジオボタンで指定することができます。

また、読込モードで「横読込」を選択すると、奇数番目の画像は「1ページ目の
回転方向」で指定した方向に、偶数番目の画像は逆の方向に自動で回転指定が
行われます。

読込モードが「縦読込」の場合はフォルダ内最後の画像2枚が自動で
回転指定されます。回転方向はソフトを終了しても記憶されるように
なっています。

なお、表紙ファイル名の画像が一覧にあるは場合は自動で「回転なし」と
なりますが手動で回転方向を指定することも可能です。

3.4 画像圧縮&移動処理
表紙の作成・書籍情報の入力が完了したら「圧縮&移動」ボタンを押下します。
必要に応じて画像の回転処理を行った後、
ZIP圧縮ファイルを指定の場所に作成します。

処理としては以下の通り。
1.まず指定された圧縮ファイル名のフォルダをScanSnap取込フォルダ内に
  作成し、そこにすべての画像ファイルを移動させます。
2.圧縮対象ファイルのみを回転処理を行った上で指定された
  場所へ圧縮して保存します。
3.設定画面で「ZIP圧縮後ScanSnap取込場所の画像ファイルの削除」に
  チェックが入っている場合はスキャンした元画像がフォルダごとすべて
  削除されます。元画像を残したい場合はチェックを外してください。

なお、圧縮途中で処理をキャンセルした場合は
スキャンした元画像は残ったままとなります。
また、圧縮ファイル名は以下のよう設定できます。
9.jpg

ファイル圧縮が正常に完了した場合は、圧縮ファイル出力先フォルダ内の
「BookList.csv」というファイルに書籍情報を書き込みます。
ISBNコードはバーコード読取またはキーワード検索で取得
できなかった場合は空欄となります。

なんか気づいたら色々と機能が増えていましたが、
作業手順を固定してしまえば実際にはソフトの
操作は基本的に以下の3ステップです。
1.表紙の選択
2.バーコードの選択
3.圧縮&移動ボタン押下

後は指定の場所に圧縮ファイルが作成されるので
必要に応じてさらに変換を行ったりした後各デバイスから参照できます。

自分はまずiPadでははZIPファイルのまま転送してComicGlassで読んでます。
koboではChainLPでZIPファイルのまま変換を行ったCBZファイルを
放り込んで読んでいます。
さらにNAS上にZIPファイルを置いておけばNexus7からネットワーク越しに
ComittoNで参照することができます。
また、最近買ったWQHDのディスプレイだと見開きで読むのが非常に快適なので
デスクトップPCからも読むことができます。
なお、外からVPNでつないでNASが見られるようにしてあるので
どこからでも本を読むことができます(´ー`)

このようにどんな端末からでも自由に参照できることが自炊の一番の
利点ですよねー
クソみたいなサービスしか提供できない電子出版業界に
嫌気がさした人は一式そろえて自炊を始めてみてはいかがでしょうか。

以上、('A` )ツカレタ…

仕事で使ってる某ソフト外注先から納品されるモノよりはずっと
バグは少ないと思いますが、不具合等あればご連絡ください。

また、不明点・ご要望などがありましたらコメントや
メールにてご連絡頂ければ管理人が喜びます。
今ちょっと暇なので気が向いたら対応するかも。

  

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

SSD

今日は一日秋葉原をぶらついていました。

で、前々からほしかったSSDをようやく購入ー
まぁ手ごろなIntel335の240GBです。

びっくりするほどすべての店で同じ値段だったので、
九十九で買いました。

DSC00038.jpg

つくもたんかわいいよつくもたん(*´д`*)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ライブ

昼公演は3F席で、夜はシネプレックス幕張の
ライブビューイングで参加してきましたー

IMG_0220.jpg

いやー生バンド演奏良かったですね~

ライブビューイングは初めてでしたが、音は断然ライブ会場の方が
良かったけど動きとか表情がよく見えたのでこっちはこっちで楽しめました。

会場の盛り上がりは幕張だからってのもあるだろうけど最高だったw
映画館であんなに叫んだのは初めてですよwww
みんなスタンディングでサイリウム振りながらコールしてる映画館とか
よくよく考えてみるとすごい異様な空間ですよねーwww

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

投稿完了

ニコ動に自炊作業の様子の動画を投稿してみた。



一応テロップだけ入れたけど
最初から最後までノーカット未編集の一発撮り。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

更新

自炊用表紙作成ソフト「Cover_Creator(仮)」更新のお知らせ

Cover_Creator_0_1_6_7.jpg

以下のリンクからどうぞ。DL Passは「yytune」です。

Cover_Creator_v0.1.6.7

追加機能
・キーワード検索結果からの書籍情報自動入力
・一覧からの圧縮対象ファイルの選択/除外機能
・読み込みモード選択機能(横向きで読み込んだ場合に画像を自動回転させる)
・ファイルごとの回転方向指定機能
・ファイル名振り直し機能
・ウィンドウサイズを変更可能にした
・その他バグ修正

既に使われている方はexeファイルだけ上書きしてもOKです。
ほとんどいないと思いますがw

なお、横読込モードでの画像回転には「JpegTran.exe」が必要です。
以下のサイトからダウンロードしてください

http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/software2/index.html

横向きで画像を読み込めるようになったので
スキャンスピードがかなりUpしました(´ー`)

これなら1冊3分クッキングも夢じゃない(・∀・)

プロフィール

yytune

Author:yytune
孤独な毒男です
いろいろ多趣味だけどどれも中途半端なのが悩み

Cover_Creator最新版

製作物一覧

[fg]マイホーム

カテゴリ

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

メール

メールはこちらからどうぞ。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。